募集中
  京大発!新規事業開発のためのSDGsイノベーションセミナー「第1回 水素社会というビジネスチャンス ~パリ協定を見据え~」
CONTENTS
開催日時2019年3月15日(金)13:00~17:00
会場名新丸ビルコンファレンススクエア Room902
会場地図
会場の住所東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル9F(オフィスエリア)
参加費20,000円(税込)
定員60名程度(先着順)
主催京大オリジナル株式会社
(共催)京都大学産官学連携本部
(協力)株式会社富士経済大阪マーケティング本部
問い合わせ先京大オリジナル株式会社
研修・講習事業部(担当:岡田、松本)E-Mail:kensyu@kyodai-original.co.jp
問い合わせ電話番号075-753-7778
申し込みURLこちらをクリック
チラシPDFこちらをクリック
イベント内容 2015年9月の国連サミットで、持続可能な世界を実現するための17のゴールがSDGs(持続可能な開発目標)として定められるとともに、アジェンダ第67条では民間セクター(企業など)に対して、社会課題をイノベーションで
解決すること、つまり、SDGsをビジネスチャンスとして捉えることを要請しています。 
 本セミナーでは、このSDGsの「ビジネスチャンス」の側面にフォーカスしたうえで、
< SDGsの課題の最前線 ~ 課題解決のための最先端研究 ~ 先進企業の実装技術 ~ 市場調査会社の将来展望>
までを「京都大学の知」や「企業の実践力・情報力」をベースに一気通貫で紹介し、企業の新規事業開発や経営戦略、研究企画を担う方々のSDGsに資する新規事業開発(企画書作成)に役立てていただくことを目的としています。
 第1回目は、SDGsの「7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」、「13 気候変動に具体的な対策を」をターゲットに、2016年に発効したパリ協定を見据えた「水素社会」というビジネスチャンスをテーマに開催します。

■本セミナーの受講対象(例)
○SDGs(特にエネルギー・気候変動問題)をビジネスチャンスと捉え、新規事業開発を目指す方
○水素市場に参入しようとお考えの方、又は参入するも進捗が停滞している方
○水素関連や新素材関連で、新たな研究テーマをお探しの研究企画の方

<キャンセル規定>
(1)開講日の7日前から前々日     受講料の30%
(2)開講日の前日から当日       受講料の100%
TIME TABLE
13:00Opening イントロダクション
SDGsの基本内容と本セミナーの構成について説明します。
13:05京大研究者によるSDGSの課題の最前線(潜在的マーケット)
「エネルギーのサステナビリティと将来市場について」

講師:小西哲之 京都大学エネルギー理工学研究所 教授
「思い込みによるエネルギー環境問題の誤解に大きな転換を迫りたいと考えています。」
東京大学博士(工学)。日本原子力研究所室長を経て、2003年よりエネルギー理工学研究所教授。国際熱核融合実験炉(ITER)理事会のテストブランケット計画委員会(TMB-PC)議長(2009~2012)及び委員。原子力学会理事。エネルギーシステム評価、サステイナビリティ学。核融合、先進原子力、等のエネルギーシステムの工学と、一方では安全性や環境、社会や経済への影響を評価する研究、さらには人類の持続可能な発展を考える学際領域「サステイナビリティ学」の研究に従事している。

13:50京大研究者による課題解決のための最先端研究(次世代テクノロジー)
「水素社会インフラとしての多孔性材料を用いた高圧水素ガス貯蔵」

講師:樋口雅一 京都大学高等研究院 物質-細胞統合システム拠点iCeMS、解析センターマテリアルズ部門責任者 特定助教
「大学で生まれた研究や成果(知財、知識、ノウハウなど)が、なぜ社会に広がりにくく、どうすれば広がりやすいかに関心があり、何をすれば広がり始め、イノベーションにつながるかを考えています。結局、まずは◯◯◯◯が近道だと思っています。」
京都大学博士(工学)。理化学研究所播磨研究所、東京大学大学院化学プロセス工学専攻特任助教を経て、2017年より高等研究院特定助教。2015年には、多孔性配位高分子(PCP/MOF)に特化した日本唯一のベンチャー企業(現㈱Atomis)を創業した。また、
ユニークメガネを装着して小学生から企業までの幅広い層に向けた理系クイズ講演を行うなどマルチに活躍。
14:45先進企業研究者による課題解決のための実装技術(先進企業のモデル事例)
「水素社会の実現に向けた岩谷産業の取組み」

講師:宮崎淳 岩谷産業株式会社 中央研究所長 常務執行役員
「究極のクリーンエネルギーである水素。創業以来、長年に渡り水素社会の実現の夢を追いかけ続けている岩谷産業の最新の取組みを紹介します。」
1978年、岩谷産業㈱入社。LPガスの輸入基地建設プロジェクトに携わった後、液体水素関連の技術開発、LPガス関連の技術開発を担当。2005年水素エネルギー部担当部長、2008年、理事 技術部長、2011年、執行役員 技術部長(兼)水素エネルギー部長、2012年常務執行役員、2016年より中央研究所長。
15:30市場調査会社(㈱富士経済)による将来展望(市場の将来展望)
「水素エネルギー利用システム・技術の将来展望」

講師:渡辺啓太 株式会社富士経済 大阪マーケティング本部主査
「水素エネルギー社会は、いつ、どのようにやって来るのか? 20年近くに渡る経験も踏まえ、お話します。」
2000年に環境・エネルギー分野に配属。2002年に燃料電池に関するマーケットレポートの創刊にて、調査・編修担当として参画。以来、水素エネルギー分野をはじめ、電動自動車、住宅設備、バッテリーなどの部門と連携しながら、定期的に水素技術の市場レポートの発刊を担当。
16:10ExtraStage 講師全員による質疑応答
「そこまで話す?!」という回答を引き出す質問力を試してみてください。