イベント終了
  京大テックフォーラム「建築構造技術と耐震技術の最前線」
CONTENTS
開催日時2018/03/13(火)13:50-18:15
会場名「京都アカデミアフォーラム」in 丸の内 会議室
会場の住所東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 10階
参加費セミナー聴講 無料(情報交換会 2,000円)
定員100名
主催京都大学
共催関西TLO株式会社
問い合わせ電話番号TEL:075-753-9720
イベント内容「入力地震動に大きな影響を与える地盤の不整形性評価」
「繰り返し発生する地震に強い構造を目指して」
「震災時における建物の部材損傷度および機能性判定」
TIME TABLE
13:30-13:50 受付
13:50-14:00開会挨拶
14:00-15:00 講演1 
松島 信一 (京都大学 防災研究所 教授)
「入力地震動に大きな影響を与える地盤の不整形性評価」
1995年兵庫県南部地震の際に出現した「震災の帯」に代表されるように、地盤の不整形性は建物に作用する入力地震動に大きな影響を与えます。ここでは、地盤の不整形性を常時微動記録から推定する方法について紹介します。
15:00-16:00講演2
荒木 慶一 (京都大学 工学研究科 准教授)
「繰り返し発生する地震に強い構造を目指して」
強い地震が繰り返し発生すると、最初の地震で耐震性が低下した後に続けて地震が襲うことで倒壊の危険性が高くなります。ここでは繰り返しに強い構造の開発に向けた国内外の取り組みの現状と今後の展望を紹介します。
16:00-17:00 講演3
倉田 真宏 (京都大学 防災研究所 准教授)
「震災時における建物の部材損傷度および機能性判定」
震災時に建物の機能を保持するためには、構造躯体の詳細な損傷状況に加えて非構造部材や設備などの損傷状態を迅速に把握する必要があります。ここでは実験・技術開発事例を交えて、同分野に期待される技術革新について紹介します。
17:00-18:00 情報交換会
※参加費2,000円 会場で徴収させていただきます。
18:00-18:15閉会挨拶
SPEAKER
松島 信一
京都大学 防災研究所 教授
荒木 慶一
京都大学 工学研究科 准教授
倉田 真宏
京都大学 防災研究所 准教授