イベント終了
  <録画配信>コロナ禍において奮闘する先生方のためのオンライン・リレー講座
CONTENTS
開催日時第1回 『子どもたちの学ぶ権利を保障するとはどういうことか―withコロナの中で―』(石井 英真 准教授)
第2回 『コロナ禍において求められる批判的思考力』(楠見 孝 教授)
第3回 『コロナ禍における心のケア』(西 見奈子 准教授)
第4回 『コロナ禍におけるカリキュラム・マネジメント―パフォーマンス評価をどう活かすかー』(西岡 加名恵 教授)

各講座60分程度
会場名録画配信(2020年7月から8月に開催されたライブ配信講座の講義部分の配信です)
会場の住所
参加費1,000円(税込)/回 ※クレジットカードのみ
共催京都大学大学院教育学研究科 教育実践コラボレーション・センター
京大オリジナル株式会社
申し込み方法下記からお手続きいただき、お申し込みください。申込期限 2021年5月31日 視聴期限 2021年6月30日 
こちらをクリック
問い合わせ先京大オリジナル株式会社 ナレッジプロモーション事業部
kensyu@kyodai-original.co.jp
問い合わせ電話番号075-753-7778
イベント内容京都大学大学院教育学研究科 E.FORUM は、広く教育に関⼼を持っている⼈びとが集まり、ともに語り合うことを通して、お互いの教育⼒量を向上させることを⽬的とした「広場」です。新型コロナウィルス感染症の影響により、社会環境の変化、オンライン授業の実施、子どもたちへのケアなど、多くの先生方が今まで経験されたことのない状況のなかで奮闘されていることと存じます。E.FORUMでは、そのような先生方のお悩みを少しでも解決できないかと考え、オンラインによるリレー講座を2020年7月から8月にかけて、4回に渡り開催いたしました。
この講義の内容をさらに多くの方々にご視聴いただく機会として、今回、録画配信をすることとなりました。オンラインで参加できなかった方、ぜひこの機会をご活用ください。

※講義部分のみの配信となります。
※講義資料もダウンロードいただけます。

<講義の概要>
●第1回 『子どもたちの学ぶ権利を保障するとはどういうことか―withコロナの中で―』(石井 英真 准教授)
多くの学校で通常授業が再開され、授業を進めること、時数を回復することに、意識は向かいがちです。しかし、それが本当に学びを保障することなのでしょうか。本講座では、コロナ禍が顕在化させた学校の問題点と可能性を確認しながら、学ぶ権利を保障するとはどういうことか、withコロナにおける、オンライン学習のあり方、登校時の授業で大事にしたいことなどについて述べたいと思います。

●第2回  『コロナ禍において求められる批判的思考力』(楠見 孝 教授)
コロナ禍において,教員は,多くの新たな問題に直面し,解決することが求められています。そのためには,感染リスクと新たな教育について情報を,メディアから読み解くメディアリテラシーと,リスクに対処するためのリスクリテラシー,それらの土台となる批判的思考力が重要です。本講座では、こうした力を,自ら身につけるとともに,学習者に伝え,育むにはどのようにしたら良いか,皆さんと考えたいと思います。

●第3回  『コロナ禍における心のケア』(西 見奈子 准教授)
本講座では、新型コロナウイルス感染症の拡大によって、子どもの心にどのような影響があるのかを整理し、心のケアについて考えます。さらに援助を提供する側、すなわち教員側に起こりやすい問題や援助者自身の心のケアについてもお話しします。忙しい日々の中で、少しだけ立ち止まって、心について振り返る時間にしていただければと考えております。

●第4回  『コロナ禍におけるカリキュラム・マネジメント―パフォーマンス評価をどう活かすかー』(西岡 加名恵 教授)
カリキュラム・マネジメントは、新学習指導要領で重視されているキーワードの一つです。本講座では、カリキュラム・マネジメントの基本的な考え方を確認するとともに、コロナ禍において求められる発想を検討したいと考えています。特に、パフォーマンス評価の視点をどう取り入れることができるのかについて、ご提案いたします。

※本動画を購入されても、E.FORUMへの会員登録はされません。
 E.FORUMに入会ご希望の方は、会則をご確認の上、下記のサイトに記載の手続きでお申し込みください。
 https://e-forum.educ.kyoto-u.ac.jp/entry/


以下の事項は禁止させていただきます。お申し込みの前にご確認ください。
1.本サービスを不正の目的をもって利用する行為
2.本セミナーを全部又は一部を問わず第三者に提供する行為
3.本セミナーの録音、録画、撮影、その他複製行為
4.同時に二台以上のデバイスで本サービスを利用する行為
SPEAKER
石井 英真/京都大学大学院教育学研究科 准教授
専門は教育方法学(学力論)です。学校で育成すべきで、育成可能な資質・能力の中身をモデル化し、それを育成するためのカリキュラム・授業・評価のあり方について、理論的・実践的に研究しています。本講座が、コロナ禍の下での学びの保障について考える上で、少しでも手掛かりになることを願っています。

【主な著書】 『 今求められる学力と学びとは―コンピテンシー・ベースのカリキュラムの光と影』(単著、日本標準、2015年)、『小学校 新指導要録改訂のポイント』(共編著、日本標準、2019年)、『再増補版・現代アメリカにおける学力形成論の展開』(単著、東信堂、2020年)、『授業づくりの深め方』(単著、ミネルヴァ書房、2020年)など。
楠見 孝/京都大学大学院教育学研究科 教授
専門は教育心理学・認知心理学です。批判的思考力や探究的学習スキルの育成や評価、探究的学習が学力に及ぼす影響、リスク認知とリスクリテラシーに関心を持っています。本講座が、 コロナ禍下において、批判的思考力とリスクリテラシーを育む教育を考えるきっかけとなることを願っています。

【主な著書】 『大学生のためのクリティカルシンキング:学びの基礎から教える実践へ』(共訳、北大路書房、2019年)、『教育心理学(教職教養講座 第8巻)』(編著、協同出版、2018年)、『批判的思考と市民リテラシー:教育,メディア,社会を変える21世紀型スキル』(編著、誠信書房、2016年)、『ワードマップ 批判的思考: 21世紀を生きぬくリテラシーの基盤』(共編著、新曜社、2015年)、『実践知:エキスパートの知性』(共編著、有斐閣、2012年)など。
西 見奈子/京都大学大学院教育学研究科 准教授
専門は臨床心理学で、特に精神分析について実践、研究をしております。
本講座によって、子どもたち、また先生方の心のケアを考える機会になればと考えております。

【主な著書】 『いかにして日本の精神分析は始まったか : 草創期の5人の男と患者たち』(単著、みすず書房、2019年)、『子どもとかかわる人のためのカウンセリング入門: 教育相談支援 』(編著、萌文書林、2010年)、『いのちを巡る臨床 : 生と死のあわいに生きる臨床の叡智』(共著、創元社、2018年)、『「臨床のこころ」を学ぶ心理アセスメントの実際 : クライエント理解と支援のために』(共著、金剛出版、2014年)など。
西岡 加名恵/京都大学大学院教育学研究科 教授
専門は教育方法学(カリキュラム論・教育評価論)です。パフォーマンス評価の研究開発、学校におけるカリキュラム改善の進め方などに関心を持っています。子どもたちの安全を確保しつつ、学力とつながりを保障するカリキュラム・マネジメントの在り方を考えたいと思っています。

【主な著書】 『教科と総合に活かすポートフォリオ評価法』(単著、図書文化、2003年)、『教科と総合学習のカリキュラム設計』(単著、図書文化、2016年)、『「資質・能力」を育てるパフォーマンス評価』(編著、明治図書、2016年)、『教科の「深い学び」を実現するパフォーマンス評価』(共編著、日本標準、2019年)、『「逆向き設計」実践ガイドブック』(共編著、日本標準、2020年)など。