PROGRAM

Liberalarts

教養コース

Liberalarts教養コース

京大人文学教室オンライン

村上春樹の物語

2021.10.26(火) 〜 2021.12.14(火)
18:00〜19:30

人文・哲学
募集中オンライン
日時
2021.10.26(火) 〜 2021.12.14(火)18:00〜19:30全4回
京大人文学教室オンライン

村上春樹の物語

会場
オンライン
Zoomによるライブ配信【見逃し配信あり】
受講料(税込)
1,500円/回、5,400円/一括クレジットカードのみ
定員
100名程度
申込期限
2022.1.17(月) オンラインセミナーの申込期限:各回、開催日の前日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
対象

村上春樹に関連する内容に興味のある方、人文・社会科学分野に興味のある方、社会人・学生問わずどなたでも参加可能

講師
  • 講師:三宅 香帆
    書評家

    専門:国文学

  • 講師:横道 誠
    京都府立大学 文学部 准教授

    専門:文学・当事者研究

  • 講師:河合 俊雄
    京都大学 こころの未来研究センター センター長・教授

    専門:臨床心理学

  • 講師:武内 佳代
    日本大学 文理学部 教授

    専門:日本近現代文学

内容

◇第1回 2021年10月26日(火)18:00-19:30
講師:三宅 香帆 書評家
「村上春樹と子どもを持たない主人公」

村上春樹は「子を持たない主人公」を多く描いてきました。子どもはいなくて、でも彼女や妻はいて、多くは稼げないけれどやるべき仕事があって、スパゲッティを茹でている――村上作品の主人公のイメージといえばこんな感じではないでしょうか。しかしとくに初期の作品を見ると、意外にも、登場人物たちの言葉には子を持つことへの葛藤が滲み出ているのです。本講義では村上春樹の初期作品を中心に、親になるというテーマを追いかけます。

◇第2回 2021年11月9日(火)18:00-19:30
講師:横道 誠 京都府立大学 文学部 准教授
「村上春樹と自閉スペクトラム症者グレーゾーン」

村上春樹の人柄や作品が「自閉的」だという指摘は、彼が登場してまもないころから批評家たちによってなされてきました。しかし、この「自閉的」はどこまで正確な表現なのでしょうか。かつて自閉症(知的障害あり)やアスペルガー症候群(知的障害なし)と呼ばれていた自閉症系統の発達障害は、現在では自閉スペクトラム症として統一的に理解されています。村上春樹のさまざまな発言や作品から、村上あるいは村上作品がどのくらい「自閉スペクトラム症」と重ねて理解できるものなのかを説明します。最終的に、村上ワールドを「自閉スペクトラム症グレーゾーン」として新たに体験しなおせる準備を提供します。
 
◇第3回 2021年11月30日(火)18:00-19:30
講師:河合 俊雄 京都大学 こころの未来研究センター センター長・教授
「村上春樹における大きな物語と小さな物語」

村上春樹の作品では、『1Q84』や『騎士団長殺し』にも見られるように、悪や暴力などの個人を超えた「大きな物語」が問題になっている一方で、個人の恋愛や出会いなどの「小さな物語」がテーマになる。また長編のなかに、短編のように小さな物語が挿入されていることも多い。村上春樹におけるこのような「大きな物語」と「小さな物語」の関係について、世界と個人のこころの関わりという視点でも検討したい。

◇第4回 2021年12月14日(火)
講師:武内 佳代 日本大学 文理学部 教授
「レキシントンの幽霊」に導かれて―1990年代のアメリカから読む―

村上春樹文学のもっとも挑戦的な、そして魅力的な企ての一つに、言葉にしがたいような物事を「言葉」にする、ということがあります。たとえば私たちの喪失による悲嘆や、ある種の深いトラウマは、この「言葉にしがたいような物事」に相当するでしょう。世界的なコロナ禍に直面している現在(いま)、まさにそうした物事が日常化しているのは言うまでもありません。そこで本講義では、小説「レキシントンの幽霊」(1996年)を取り上げ、1990年代のアメリカが直面した大いなる悲嘆やトラウマをふまえながら、春樹文学の「言葉」の底知れない可能性に迫りたいと思います。ぜひ作品を一読してご参加ください。

>>詳しくは京都大学講座のオンライン配信ページをご覧ください

リーフレット
主催等

【主催】京大オリジナル株式会社
【共催】京都大学産官学連携本部、京都大学こころの未来研究センター、京都大学人社未来形発信ユニット

備考

・オンラインセミナーの 申込締切日を過ぎてのお申込みについては、見逃し録画配信のみご視聴いただけます。
 (2022年1月31日まで視聴可能)
・パソコンなどの端末、ネット環境が必要です。
・クレジットカードで決済いただいた方には、視聴方法について開催前日までに申込時のご登録アドレスにご連絡いたします。kensyu@kyodai-original.co.jp からのメールを受信できるように設定してください。
・お支払いはクレジットカードのみとなります。その他のお支払い方法は承っておりませんので、ご了承ください。

※以下の事項は禁止させていただきます。お申し込みの前にご確認ください。
1.本サービスを不正の目的をもって利用する行為
2.本セミナーを全部又は一部を問わず第三者に提供する行為
3.本セミナーの録音、録画、撮影、その他複製行為
4.同時に二台以上のデバイスで本サービスを利用する行為