PROGRAM

Professional

専門コース(基礎/応用)

Professional専門コース(基礎/応用)

デスティネーションマネジメントEssence2022【第3期】

DMO・観光政策幹部が知っておくべき理論と実践

2022.7.9(土) 〜 2022.12.11(日)

経済・経営
募集中オンライン対面
日時
2022.7.9(土) 〜 2022.12.11(日)全11日間程度
※開催日時は内容欄の「詳細ファイル」をご覧ください。
デスティネーションマネジメントEssence2022【第3期】

DMO・観光政策幹部が知っておくべき理論と実践

会場
オンライン/対面
※一部京都での対面講義を予定
受講料(税込)
受講料に関しては内容欄をご覧ください。
定員
定員に関しては内容欄をご覧ください。 ※最小履行人数に満たない場合は実施を延期する場合がございます。
申込期限
2022.6.9(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
対象

・観光政策を立案する行政幹部職員
・DMOのCEO
・DMOのCOO
・デスティネーションマネジメントに関心のある大学院生や社会人
・科学的なアプローチの観光地域振興に取り組みたいという方

講師
  • 講師:前川 佳一
    京都大学経営管理大学院 特定教授

    プログラム長

  • 講師:大社 充
    DMO推進機構代表理事/京都大学経営管理大学院非常勤講師/芸術文化観光専門職大学教授

    プログラムコーディネーター

    その他の講師の詳細は「内容」の詳細ファイルをご覧ください。

内容

一流の講師陣から学ぶデスティネーションマネジメントの理論と実践
訪日外国人の急増を背景に、観光地域振興への注目が高まるなか、「デスティネーションマネジメント」(観光地経営)の必要性が認識されるようになってきました。政府は2016年、DMO登録制度を設け、「日本版DMO」の形成・確立に向けた支援に取り組んでいます。しかしながら、地方自治体またはDMOが担うことが期待される「デスティネーションマネジメント」は、わが国においては新しい概念であることから、体系的に整理された手法が一般化されて幅広く普及しているわけではありません。本講座は、デスティネーションマネジメントの概念を整理した上で、 UNWTOのDMOアカデミーやDI(Destination International)のCDMEなどの人材育成プログラムを参考にデスティネーションマネジメントについて学ぶカリキュラムを特別編成したものです。(修了者には、京都大学経営管理大学院から「修了証」が発行されます)
理論とともに、各分野で活躍する一流の専門家を招き、現場での実践的な手法もあわせて学ぶこととでDMOのCEO/COOの役割を果たす専門性、観光政策の専門家に求められる知識とノウハウを身につけることを目指します。

【特長】
①デスティネーションマネジメントの基本概念と構成要素を整理
②デスティネーションマネジメントの構成要素に沿った専門家の講義と討議
③ケースメソッドによりデスティネーションマネジメントの発想法と思考を習得

【取り扱う科目テーマ(予定)】
●デスティネーションマネジメントの基礎
●プレイス・ブランディング
●事業促進環境整備(人材・投資環境・品質管理)
●サービスマネジメント
●スポーツツーリズム
●地域マネジメントのためのアドボカシー活動
●景観マネジメント
●MICEのメカニズムとMICEによる地域振興
●観光地と交通マネジメント
●危機管理・リスクマネジメント
●産業連関表による観光の地域経済分析 など

これまでに受講された方の声をもとに多様なニーズにお応えするため、3つのコースをご用意しました!

【リアルタイム講座型学習コース】
・多彩な講師と直接やりとりできるリアルタイムでのオンライン講義コース(※見逃し配信も有り)
・受講生間のネットワーキングの構築が可能(開講式と修了式の2回対面機会を予定・FBグループによる交流)
・京都大学経営管理大学院による修了証を発行
…受講料 198,000円(税込)
…定員  25名
【こんな人にお勧め】
・デスティネーションマネジメントの基礎を一から学びたい
・デスティネーションマネジメント各要素の専門家と直接話をしたい

【実践的ケース探求型学習コース(参考図書付き)】
・講義動画視聴による事前学習を踏まえた討議中心のケース探求型コース(コーディネーターがお薦めする自習用の参考図書付き)
・受講生間のネットワーキングの構築が可能(開講式と修了式の2回対面機会を予定・FBグループによる交流)
・京都大学経営管理大学院による修了証を発行
…受講料 242,000円(税込)
…定員  8名(限定)
【こんな人にお勧め】
・デスティネーションマネジメントに関連する実務に携わっている人
・いまの職場で携わるデスティネーションマネジメントの業務に活かしたい
・現場で取り組むべきデスティネーションマネジメントの各種方策を具体化したい

【オンデマンド学習コース】
・一流の講師陣の講義を自分のペースでオンラインで学べるコース(講義動画の視聴)
※オンデマンド学習コースは京都大学経営管理大学院による修了証は発行されません
…受講料 99,000円(税込)
…定員  25名
【こんな人にお勧め】
・時間的に余裕があまりないが、観光分野の一流の講師陣の話を聞いて学びたい


過去に受講された「第1期生の声」もぜひご覧ください!


Aコースの開催日程は以下「詳細1」を、Bコースの開催日程は「詳細2」をご確認ください。詳細ファイル 1 を見る(PDF)詳細ファイル 2 を見る(PDF)

リーフレット
主催等

【共催】京大オリジナル株式会社、DMO推進機構、京都大学経営管理大学院

備考

■ご注意ください
・本講座では見逃し配信・録画配信にオンラインストレージ(dropbox)を使用します。受講には、dropboxにアクセスいただけることが条件となります。何卒ご了承ください。
・Zoomの仕様や使い方に関するお問合せにはお答えいたしかねます。
・お客様の環境等が原因で発生した、視聴できないといったトラブルに関しては個別の対応や返金等はございません。予めご了承願います。

■以下の事項は禁止させていただきます。お申し込みの前にご確認ください。
1.本サービスを不正の目的をもって利用する行為
2.本セミナーを全部又は一部を問わず第三者に提供する行為
3.本セミナーの録音、録画、撮影、その他複製行為
4.同時に二台以上のデバイスで本サービスを利用する行為

【講座の開講・中止】
最低履行人数に満たない場合、開催を中止する場合がございます。その場合、上記に関わらず全額返金いたします。
締切日前であっても定員になり次第、お申し込みの受付けを締め切ります。
受講者が一定数に達しない場合など、やむを得ず講座の開講を中止することがあります。その場合、お支払い済みの受講料はお返しいたします。
講師の急病や事故、交通機関のストライキ、台風、大雪などによる著しい荒天、天災地変などのため、やむを得ず休講、または講座内容の一部を変更することがあります。講座内容を変更の上実施した場合、受講料の返金はいたしません。
講師の病気など、事情により他の講師が代講することがあります。この場合、受講料の返金はいたしません。
事前に判明した休講および補講の連絡は、受講生に直接、または講義にてご連絡します。突然の著しい荒天、天変地異、事故などによって、休講および補講が当日判明した場合は、メールにて直接お知らせします。
急な休講で連絡がとれないためにおいでいただいた場合など、いかなる事由でも会場までの交通費、宿泊費などの受講料以外に関する損害は補償いたしません。

【解約・払い戻し】
《お客様の都合により、受講ができなくなる場合》
お客様の都合により受講ができなくなる場合、受講料は原則としてお返しいたしません。
受講キャンセルの場合、下記規定に基づきキャンセル料を頂戴いたします。
(1)開講日の7日前から前々日 受講料の30%
(2)開講日の前日から当日   受講料の100%

《開催側の都合により、受講ができなくなる場合》
最低開講人数に達せず講座が不成立の場合、講師や当社のやむを得ない事情、または公共交通機関のストライキ、台風、大雪等の著しい荒天、天災地変などにより講座を実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
一部の講座が休講になり補講も実施できなかった場合は、当該休講分の受講料をお返しいたします。