募集中
  京大天文教室 in 丸の内 第3回「宇宙進化とは何か:ビッグバンから惑星形成まで」
CONTENTS
開催日時2019年7月12日(金)18:30〜20:00
会場名新丸ビルコンファレンススクエア Room902
会場地図
会場の住所東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング9階(オフィスエリア)
(京都アカデミアフォーラムin丸の内 1階下)
地図地図(GoogleMap)
参加費一般2,500円、高校生以下500円(税込)
お支払い方法については、お申込みフォームおよび自動返信メールをご確認ください。
定員100名(中学生以上が対象)
主催京都大学理学研究科宇宙物理学教室・附属天文台、京大オリジナル株式会社
申し込み方法以下「申し込みURL」からお申し込みください。
申し込み期限:7月8日(月)
問い合わせ先京大オリジナル株式会社  担当:川村・柳本 mail : kensyu@kyodai-original.co.jp
問い合わせ電話番号075-753-7770 
申し込みURLこちらをクリック
チラシPDFこちらをクリック
イベント内容今から138億年前、宇宙は火の玉状態で生まれ、その後大きく膨張して今の姿になりました。単に大きくなっただけではありません。当初のっぺらぼうだった宇宙の中に、銀河・恒星などの天体が生まれたことは重要です。宇宙はどんどん姿を変えてきたのです。「宇宙の進化」が今日のテーマです。キーワードは、「トップダウン」(大から小へ)と「ボトムアップ」(小から大へ)。さぁ、宇宙の進化はどちらだったのでしょうか。

その他の回は、こちらをクリック
SPEAKER
嶺重 慎 京都大学 理学研究科 教授
1957年札幌生まれ神戸育ち、東京大学大学院修了。京都大学理学研究科教授。専門はブラックホール天文学。専門研究の傍ら出前授業や一般書執筆もこなす。インクルーシブ天文教育(障害者らと共に教材を開発したり学んだりすること)にも従事。著書に『ブラックホール天文学』(日本評論社)『ファーストステップ 宇宙の物理』(朝倉書店)、著編書に『知のスイッチ~「障害」からはじまるリベラルアーツ』(岩波書店)など。