募集中
  京大天文教室 in 丸の内 第6回「宇宙人類学入門」
CONTENTS
開催日時2019年10月11日(金)18:30〜20:00
会場名新丸ビルコンファレンススクエア Room902
会場地図
会場の住所東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング9階(オフィスエリア)
(京都アカデミアフォーラムin丸の内 1階下)
地図地図(GoogleMap)
参加費一般2,500円、高校生以下500円(税込)
お支払い方法については、お申込みフォームおよび自動返信メールをご確認ください。
定員100名(中学生以上が対象)
主催京都大学理学研究科宇宙物理学教室・附属天文台、京大オリジナル株式会社
申し込み方法以下「申し込みURL」からお申し込みください。
申し込み期限:10月7日(月) ※満席になり次第、締切
問い合わせ先京大オリジナル株式会社  担当:川村・柳本 mail : kensyu@kyodai-original.co.jp
問い合わせ電話番号075-753-7770 
申し込みURLこちらをクリック
チラシPDFこちらをクリック
イベント内容アポロ11号の月面着陸から半世紀が経ちました。人が宇宙へ行くことは、かつては大国の威信をかけた国家プロジェクトでしたが、近年は民間独自の有人宇宙探査、さらには火星移住までが取りざたされています。人類の中から生活の場を地球外へと移す人々が出てくることは、人間とその社会や文化にどのような意味があるだろうか?そのような問題意識のもと、宇宙科学の研究者と文化人類学者が協働で始めた「宇宙人類学」という新しい学問を紹介します。

その他の回は、こちらをクリック
SPEAKER
磯部 洋明 京都市立芸術大学 美術学部 准教授
1977年生まれ。2005年京都大学大学院理学研究科博士課程修了。東京大学、ケンブリッジ大学等での研究員、京都大学宇宙総合学研究ユニット、同総合生存学館教員を経て2018年から京都市立芸術大学美術学部准教授。京都大学宇宙総合学研究ユニット特任准教授を兼任。専門の太陽物理学の他、宇宙人類学、宇宙倫理学、歴史文献を用いた過去の太陽活動の研究など、人文社会系科学との共同研究も多数手がける。