イベント終了
  京大テックフォーラム「社会課題から読み解く「水・衛生問題」 ~SDGs・防災・減災へのアプローチ~」
CONTENTS
開催日時2019年9月9日(月)13:00-17:00
※本日は予定通り開催致します。
 なお、公共交通機関の乱れにより来られない場合、参加費は払い戻しさせて頂きます。
会場名「京都アカデミアフォーラム」in丸の内 会議室
会場の住所〒100-6510 東京都千代田区丸の内1丁目5−1 新丸の内ビルディング10F
地図地図(GoogleMap)
参加費セミナー聴講3,000円(税込)、情報交換会は別途3,000円(税込)
定員先着100名
主催京都⼤学、京⼤オリジナル株式会社
後援関⻄TLO株式会社
申し込み方法以下「申し込みURL(フォーム)」からお申し込みください。
問い合わせ先京大オリジナル株式会社 コンサルティング事業部 担当:臼谷・植田 
E-mail:event@kyodai-original.co.jp
問い合わせ電話番号075-753-7765
申し込みURLこちらをクリック
チラシPDFこちらをクリック
イベント内容京都大学・京大オリジナル株式会社では、ライセンスや共同研究などを通じて研究成果を社会に還元することを目的に、京大テックフォーラムを開催しています。
今回はSDGs目標から2つを取り上げ、水利用に関わる研究者から『社会課題から読み解く「水・衛生問題」 ~SDGs・防災・減災へのアプローチ~』をテーマに、「環境変化に対応した水道水質管理」「災害廃棄物マネジメントの技術開発と実践」「アジア・アフリカの衛生改善とサニテーションの価値」の3つの講演で、SDGs・防災・減災に関する研究成果や最新技術をご紹介します。

過去の京大テックフォーラム一覧はこちら↓
京大テックフォーラム一覧
TIME TABLE
12:30受付開始
12:55〜13:00 開会挨拶
13:00〜14:00 講演1
小坂 浩司(国立保健医療科学院 生活環境研究部 上席主任研究官 / 元・京都大学大学院 工学研究科 准教授)
「環境変化に対応した水道水質管理」
気候変動、災害等の現象による水道水質への影響と対応策、また、水質事故発生時の異常検知や原因究明等の技術的手法について紹介する。これらを踏まえ、自然・人為由来の水質変化への水質管理上の課題を示す。
14:00〜15:00 講演2
平山 修久 (名古屋大学 減災連携研究センター 准教授 / 元・京都大学大学院 工学研究科 特定准教授)
「災害廃棄物マネジメントの技術開発と実践」
2011年東日本大震災以降の災害廃棄物対策を紹介する。災害初動期の災害廃棄物量の把握システム開発、南海トラフ巨大地震の災害対応リソースに関する研究成果を踏まえ、今後の災害廃棄物対策のあり方を示す。
15:00〜16:00 講演3
原田 英典(京都大学大学院 地球環境学堂 助教)
「アジア・アフリカの衛生改善とサニテーションの価値」
SDG6では2030年までの全人類へのサニテーション(トイレとし尿の処理・処分)の確保を目標としているが、今も24億人がそれを確保できていない。サニテーションが生む価値を考え、その解決の方向性を探る。
16:00〜17:00 情報交換会
17:00 閉会挨拶
SPEAKER
小坂 浩司
国立保健医療科学院 生活環境研究部 上席主任研究官 (元・京都大学大学院 工学研究科 准教授)
平山 修久
名古屋大学 減災連携研究センター 准教授(元・京都大学大学院 工学研究科 特定准教授)
原田 英典
京都大学 地球環境学堂 助教