募集中
  京大テックフォーラム「社会・インフラに関わる身近なシリカの化学」
CONTENTS
開催日時2019年11月26日(火)13:00-17:00
会場名「京都アカデミアフォーラム」in丸の内 会議室
会場の住所〒100-6510 東京都千代田区丸の内1丁目5−1 新丸の内ビルディング10F
地図地図(GoogleMap)
参加費セミナー聴講3,000円(税込)、情報交換会は別途3,000円(税込)
定員先着100名
主催京都⼤学、京⼤オリジナル株式会社
後援株式会社TLO京都
申し込み方法以下「申し込みURL(フォーム)」からお申し込みください。
問い合わせ先京大オリジナル株式会社 コンサルティング事業部 担当:臼谷・植田 
E-mail:event@kyodai-original.co.jp
問い合わせ電話番号075-753-7765
申し込みURLこちらをクリック
チラシPDFこちらをクリック
イベント内容京都大学・京大オリジナル株式会社では、ライセンスや共同研究などを通じて研究成果を社会に還元することを目的に、京大テックフォーラムを開催しています。
今回は、構造物・インフラ設計に関わる研究者による「コンクリートインフラの課題」「アルカリシリカ反応(ASR)のメカニズムと抑制方法」「シリカ・シロキサンの化学と柔らかい低密度多孔体の作製」の3つの講演です。異なる領域の材料科学・化学研究者のコラボレーションによる相乗効果にご期待ください。

過去の京大テックフォーラム一覧はこちら↓
京大テックフォーラム一覧
TIME TABLE
12:30~12:50受付開始
12:50〜13:00 開会挨拶
13:00〜14:00 講演1
宮川 豊章 (京都大学 学際融合教育研究推進センター 特任教授)
「コンクリートインフラの課題」
市民社会のインフラとして用いられることの多いコンクリート構造物の、塩害や緊張材グラウト問題、アルカリシリカ反応などの種々の劣化問題と課題を紹介し、シリカの化学をはるかに遠望し期待する。
14:00〜15:00 講演2
高谷 哲 (京都大学 工学研究科 助教)
「アルカリシリカ反応(ASR)のメカニズムと抑制方法」
ASRを抑制するためには,メカニズムと補修材料に対する適切な理解が必要となる。しかし、ASRについては不明な点も多く,完全に抑制するのは難しいのが現状である。本講演ではASRのメカニズムと抑制方法について考える。
15:00〜16:00 講演3
金森 主祥(京都大学 理学研究科 助教)
「シリカ・シロキサンの化学と柔らかい低密度多孔体の作製」
シリカやシリコーンなど、シロキサン(Si-O-Si)結合を主体とする物質は様々な形で利用されている。
本講演では、シロキサン結合の形成や分解に関する化学的側面を概説し、柔らかい低密度多孔体の作製、さらに高性能断熱材としての応用について紹介する。
16:00~17:00 情報交換会
17:00閉会挨拶
SPEAKER
宮川 豊章
京都大学 学際融合教育研究推進センター 特任教授
高谷 哲
京都大学 工学研究科 助教
金森 主祥
京都大学 理学研究科 助教