募集中
  京大テックフォーラム「環境負荷の低減を目指す二次電池の最前線」
ーリチウムイオン電池・ナトリウムイオン電池・亜鉛空気電池ー
CONTENTS
開催日時2020年1月15日(水)13:00-17:00
会場名「京都アカデミアフォーラム」in丸の内 会議室
会場の住所〒100-6510 東京都千代田区丸の内1丁目5−1 新丸の内ビルディング10F
地図地図(GoogleMap)
参加費セミナー聴講3,000円(税込)、情報交換会は別途3,000円(税込)
定員先着100名
主催京都⼤学、京⼤オリジナル株式会社
後援株式会社TLO京都
申し込み方法以下「申し込みURL(フォーム)」からお申し込みください。
問い合わせ先京大オリジナル株式会社 コンサルティング事業部 担当:神谷・植田 
E-mail:event@kyodai-original.co.jp
問い合わせ電話番号075-753-7765
申し込みURLこちらをクリック
チラシPDFこちらをクリック
イベント内容京都大学・京大オリジナル株式会社では、ライセンスや共同研究などを通じて研究成果を社会に還元することを目的に、京大テックフォーラムを開催しています。
今回は、革新型蓄電池に関わる研究者による「EV用リチウムイオン電池の現状と展望」「イオン液体を電解質に用いたナトリウム二次電池」「亜鉛空気電池の開発進捗と技術課題」の3つの講演です。エネルギー密度や耐久性、安全性の両立を実用化レベルで達成することを目指す各種電池研究の進捗や、残る課題についての発表となります。ご期待ください。

過去の京大テックフォーラム一覧はこちら↓
京大テックフォーラム一覧
TIME TABLE
12:30~12:55受付開始
12:55〜13:00 開会挨拶
13:00〜14:00 講演1
安部 武志(京都大学大学院地球環境学堂 教授)
「EV用リチウムイオン電池の現状と展望」
リチウムイオン電池(LIB)のエネルギー密度は市販されて以来、年々増加し、現在では250 Wh/kgを超えるまでになっている。LIBの応用分野は多様であるが、本講演ではEV用リチウムイオン電池に焦点を絞り、その現状と展望につい
て紹介する。
14:00〜15:00 講演2
萩原 理加 (京都大学大学院エネルギー科学研究科 教授)
「イオン液体を電解質に用いたナトリウム二次電池」
枯渇性のないナトリウムを電解質、電極材料に用いた二次電池は、将来リチウム二次電池を補完する電源の候補のひとつである。運転温度範囲が広く安全性の高い、イオン液体を電解質に用いたナトリウム二次電池を紹介する。
15:00〜16:00 講演3
森田 昌行(京都大学 産官学連携本部 特任教授)
「亜鉛空気電池の開発進捗と技術課題」
亜鉛空気電池は、高エネルギー密度蓄電池の候補として古くから研究されてきたものの、未だ実用化には至っていない。本講演では、電池開発にかかる技術の進捗と課題について、国プロでの実績を例示しながら解説する。
16:00~17:00 情報交換会
17:00閉会挨拶
SPEAKER
安部 武志
京都大学大学院地球環境学堂 教授
萩原 理加
京都大学大学院エネルギー科学研究科 教授
森田 昌行
京都大学 産官学連携本部 特任教授