イベント終了
  京大テックフォーラム「躍進する化学 〜最先端材料の創製から医療応用まで〜」
CONTENTS
開催日時2017/12/18(月)13:50-18:15
会場名「京都アカデミアフォーラム」in 丸の内 会議室
会場の住所東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 10階
参加費セミナー聴講 無料(情報交換会 2,000円)
定員100名(先着順)
主催京都大学
共催関西TLO株式会社
問い合わせ電話番号TEL:075-753-9720
イベント内容「ラジカル重合による高分子の精密合成と機能化」
「複合アニオン材料の合成と新しい機能」
「双極性ポリマーを基盤とする 次世代イメージングプローブの創製」
TIME TABLE
13:30-13:50受付開始
13:50-14:00開会挨拶
14:00-15:00講演 1 
山子 茂 (京都大学 化学研究所 教授)
「ラジカル重合による高分子の精密合成と機能化」
有機テルル化合物を用いる独自のラジカル重合制御法により、鎖状のみならず超分岐高分子の構造を制御して合成することに成功しました。この高機能性高分子材料創製の鍵となる技術について紹介します。
15:00-16:00講演 2 
陰山 洋 (京都大学 工学研究科 教授)
「複合アニオン材料の合成と新しい機能」
二種類以上のアニオンからなる複合アニオン化合物は、触媒、電池材料などの様々な分野において従来型の酸化物(セラミックス)には無い新しい機能が発現することが見えてきました。本講演では、機能性材料としての可能性を、新たな合成技術とともに紹介します。
16:00-17:00講演 3 
近藤 輝幸 (京都大学 工学研究科 教授)
「双極性ポリマーを基盤とする 次世代イメージングプローブの創製」
13Cと15Nでラベルした13C/15N−PMPCの高い腫瘍集積性を多重共鳴MRI法により明らかにし、近赤外蛍光色素導入PMPCは、次世代の光音響イメージングに有効なプローブであることを紹介します。
17:00-18:00情報交換会 ※参加費2,000円 会場で徴収させていただきます。
18:00-18:15 閉会挨拶
SPEAKER
山子 茂
京都大学 化学研究所 教授
陰山 洋
京都大学 工学研究科 教授
近藤 輝幸
京都大学 工学研究科 教授