イベント終了
  京大テックフォーラム「機能性ペプチド 〜食品に秘められた可能性〜」
CONTENTS
開催日時2017/10/26(木)14:30-18:15
会場名「京都アカデミアフォーラム」in 丸の内 会議室
会場の住所東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 10階
参加費セミナー聴講無料(情報交換会2,000円)
定員100名(先着順)
主催京都⼤学
共催関⻄TLO株式会社
問い合わせ電話番号TEL:075-753-9720
イベント内容「消化管を標的とした中分⼦の⽣理活性ペプチド」
「麹発酵⾷品中の短鎖ピログルタミルペプチドの機能」
TIME TABLE
14:30-14:50受付開始
14:50-15:00開会挨拶
15:00-16:00 講演 1 
佐藤 健司 (京都⼤学⼤学院 農学研究科 教授)
「消化管を標的とした中分⼦の⽣理活性ペプチド」
タンパク質を酵素分解した際に⽣成する種々の中分⼦ペプチドが、経⼝投与で強⼒な⽣理作⽤(抗うつ、⾷欲調節、降圧作⽤など)を⽰すことを⾒出しました。腸―脳連関に基づいた新規⾷品素材や医薬品として応⽤が期待できます。
16:00-17:00講演 2 
⼤⽇向 耕作 (京都⼤学⼤学院 農学研究科 准教授)
「麹発酵⾷品中の短鎖ピログルタミルペプチドの機能」
⽇本⾷に特徴的な麹カビ (A. oryzae) を⽤いた発酵⾷品には短鎖のペプチドが多く含まれます。その中でアミノ末端のグルタミンが分⼦内で環化したピログルタミルペプチドの構造と有益な⽣理機能について紹介します。
17:00-18:00ポスター掲⽰・情報交換会 情報交換会2,000円 ※会場で徴収させて頂きます。
18:00-18:15 閉会挨拶
SPEAKER
佐藤 健司
京都⼤学⼤学院 農学研究科 教授
⼤⽇向 耕作
京都⼤学⼤学院 農学研究科 准教授