イベント終了
  第2回 京大Learned Society
CONTENTS
開催日時2020年11月24日(火)18:30~20:30
会場名Zoomによるオンライン開催
会場の住所申込フォーム記入後、Zoomのリンクをメールにてお送りします。
参加費無料
主催一般社団法人BoCS
協賛京大オリジナル株式会社
申し込み方法下記申し込みURLよりお申込みください。
https://forms.gle/EC4PqkqWwam6h2Ji7

※申し込み締め切り:11月24日(火) 17:30まで
問い合わせ先一般社団法人BoCS  担当者:矢久保 林 上田
イベント内容●概要
京大Learned societyは、分野の異なる複数名の京都大学の研究者に一つの議題について様々な観点で対談していただくオンラインイベントです。参加者の皆様はzoomでの先生方の対談を聞いていただき、先生方に自由に質問していただけます。なかなか見ることのできない異分野の教授同士の学術的議論をぜひお楽しみください。

●開催内容の詳細は、以下のWebサイトをご確認ください。
https://fb.me/e/3Dzac4Yq5
TIME TABLE
18:20Zoom Open
18:30開会、企画意義及びBoCSの説明、注意事項説明
18:35対談開始 
セクション1:先生方の自己紹介    
セクション2:先生方の専門分野について
セクション3:理想的な食消費について
セクション4:学生の食消費について
セクション5:現在行っている研究について
質疑応答
20:30閉会
※セクション4ではディスカッションの形式になるため、可能な方はマイクとカメラの準備をお願いします
※プログラムの内容は多少時間が前後する可能性がございます
SPEAKER
秋津元輝先生(農学研究科教授)
1960年香川県生まれ。京都大学農学部卒、同大学院農学研究科博士課程指導認定。博士(農学)。三重大学生物資源学部、奈良女子大学文学部などを経て、2015年より現職。専門は農村・農業社会学、食農倫理。近著に『農と食の新しい倫理』(共編著、2018年、昭和堂)、『小農の復権』(編著、2019年、農山漁村文化協会)など。現在、アジア農村社会学会会長、日本村落研究学会会長。
佐々木努先生(農学研究科教授)
1997年東京大学医学部医学科卒。1998年に渡米。アメリカでの脳神経外科の臨床研修の後に大学院に進学し、2007年米国Virginia大学院神経科学博士課程修了(PhD in Neuroscience)。2007年に帰国し、群馬大学生体調節研究所助教(2007~2013)、准教授(2013~2019)を経て、2019年より京都大学大学院農学研究科食品生物科学専攻栄養化学分野・教授。神経科学、内分泌代謝学、栄養化学などを駆使して、食欲を調節する体のしくみを研究している。