イベント終了
  京大式Think-up Camp! on-line
人のコミュニケーションを理解するための計測技術~よりよいコミュニケーションを目指して~
CONTENTS
開催日時2022年3月28日(月)14:00~15:50
(Zoomウェビナー)
会場名オンライン開催
会場の住所オンライン開催
参加費無料
定員100名程度
【多数のお申し込みをいただきましたので、定員を大幅増員させていただきました!】
主催京大オリジナル株式会社
共催京都大学産官学連携本部、オモイエル株式会社
申し込み方法下記「申し込みURL」よりお申込みください。
申込期限:2022年3月24日(木)
 (ただし、申込多数の場合、期限前でもお断りする場合がありますので予めご了承ください。)
※参加者はパソコンなどの端末、ネット環境が必要です。
※お申込者以外の方は視聴できませんので、予めご了承ください。
※オンラインセミナー開催前日にZoomへの接続情報をご登録のアドレスに電子メールにてお送りします。 

※GmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスをご利用の方、フィルタリング機能を有効にしている方は、削除フォルダ、迷惑メールフォルダもご確認ください。
※携帯メールを使用され、 メール防止フィルターをご利用の場合は、@kyodai-original.co.jpのフィルター解除をお願いします。
問い合わせ先京大オリジナル株式会社 コンサルティング事業部(岡田・三田)
E-mail:event1[at]kyodai-original.co.jp
※[at]を@に変更してください。
問い合わせ電話番号075-753-7765
申し込みURLこちらをクリック
チラシPDFこちらをクリック
イベント内容 京大式 Think-up Camp! は、京大研究者が有する最先端の知見・シーズとオモイエル株式会社の「 Solution Structure 」という考え方を用いて、みなさまが新たな市場ニーズや研究開発テーマを探索できるセミナーです。

 今回のテーマは、中澤篤志准教授(京都大学大学院情報学研究科 )の 「人のコミュニケーションを理解するための計測技術~よりよいコミュニケーションを目指して~」 です。画像認識や各種センシング技術を用いて人の行動・状況を計測するという事例は近年増えてきましたが、人のコミュニケーションまでを深く理解することは容易ではありません。果たして、この課題を解決し、人の生活や仕事をより有意義かつ刺激的なものにする方法はあるのでしょうか?

本セミナーでは、人のコミュニケーションや心理・感情をテクノロジーを用いて理解しようとする研究や企業の取り組み事例をご紹介します。コミュニケーションが重要視されるサービスの開発に取り組んでいる方、新規事業を検討している方、生体検知など人を計測する技術に興味のある方など、幅広い分野からのご参加をお待ちしております。


※セミナー終了後のアンケートのご希望に応じて個別オンラインミーティングを後日設定予定(産官学連携に関するもののみ、希望者多数の場合は抽選)。

【講師より一言】
人のコミュニケーション、特に対面のコミュニケーションは、社会生活・ビジネスでも重要であるにもかかわらず、ほとんどデジタル化されていなかった領域です。
この講演では、介護コミュニケーションをターゲットとしたわたしたちの研究を中心にご紹介しますが、その他の領域での展開をぜひお寄せいただきたいと考えています。

【ニーズとシーズをつなぐ思考法 Solution Structure
Solution Structureは、ニーズとシーズすなわち「何のために?」と「どうやって?」についての情報を構造化し、それらの関係性を可視化することで、開発するプロダクトの世界観・コンセプトをブラッシュアップする思考法です。
オモイエルでは、情報の関係性を整理する Web ツール IdeaEDGE の提供も行っています。

オモイエル株式会社 について】
ニーズとシーズをつなぐ「思考」「調査」「場づくり」をサービスの軸とし、プロダクト開発に関わる企業や起業家が想いを得る想いを言える(おもいえる)ことを支援。
これまでに 70 社・ 200 テーマ以上の製品・サービス開発プロジェクトに携わる。
●取引実績:本田技術研究所、ヤマハ発動機、花王、東レ、豊田合成、竹中工務店など
●所在地:東京都千代田区東神田1-15-9
TIME TABLE
14:00~14:05イントロダクション
14:05~14:55講演
「人のコミュニケーションを理解するための計測技術~よりよいコミュニケーションを目指して~」

京都大学大学院情報学研究科 中澤 篤志 准教授
14:55~15:25企業の取り組み事例分析
オモイエル株式会社 代表取締役 CEO 近田 侑吾 氏
15:25~15:50質疑応答
SPEAKER
中澤 篤志
京都大学大学院情報学研究科准教授

2001年大阪大学基礎工学研究科博士取得退学。その後、2001年 東京大学生産技術研究所(JST研究員)、2003年~2013年大阪大学サイバーメディアセンター講師。その間、2007年ジョージア工科大学客員研究員、2010年JSTさきがけ「情報環境と人」研究員。
2013年から京都大学大学院情報学研究科准教授(現職)。視線検出・角膜イメージング・一人称視点映像解析の研究に従事。
2017年10月よりJST CREST
人間と情報環境の共生インタラクション基盤技術の創出と展開領域(間瀬健二総括)「優しい介護」インタラクションの計算的・脳科学的解明 研究代表。
近田 侑吾
オモイエル株式会社 代表取締役CEO

技術者とコンサルタントを経験した後、2018年に起業。ニーズとシーズの情報を整理する「Solution Structure」という思考法を提唱し、プロダクト開発に携わる一人ひとりの検討や情報発信を前に進めることに日々奮迅している。思考を可視化するウェブツールIdeaEDGEの開発にも取り組み中。
技術経営修士(MOT)。著書に、『イノベーティブなプロダクトを生み出す秘訣 ~ニーズとシーズをつなぐ 思考・調査・場づくり』。